スケルトン

2017.12.08 ワールドカップ第4戦

小口 貴子 高橋 弘篤 ドイツのウインターベルグにてワールドカップ第4戦が開催されました。 NBLSF所属の男子高橋弘篤選手と女子の小口貴子(旧姓大向)選手が出場しました。 二人とも前戦よりも順位を上げて、高橋弘篤選手が19位、小口貴子(旧姓大向)選手が17位でした。

詳しい結果は、男子女子をご覧ください。

第4戦
氏名所属記録順位
高橋 弘篤 57.85 19位

氏名所属記録順位
小口 貴子 丸善食品工業株式会社 1:58.73 17位


2017.11.29 ノースアメリカンカップ第6戦

若林 唯 前戦に続きアメリカのパークシティにてノースアメリカンカップ第6戦が行われました。 NBLSF所属の若林唯選手が参戦し、20位でした。

詳しい結果は、女子第6戦をご覧ください。

女子第6戦
氏名所属記録順位
若林 唯 日本体育大学 1:48.19 20位


2017.11.28 ノースアメリカンカップ第5戦

若林 唯 アメリカのパークシティにてノースアメリカンカップ第5戦が行われました。 NBLSF所属の若林唯選手が参戦し、19位でした。

詳しい結果は、女子第5戦をご覧ください。

女子第5戦
氏名所属記録順位
若林 唯 日本体育大学 1:49.23 19位


2017.11.26 ワールドカップ第3戦

小口 貴子 高橋 弘篤 2010年のバンクーバーの開催地であったカナダのウィスラーにてワールドカップ第3戦が開催されました。 NBLSF所属の男子高橋弘篤選手と女子の小口貴子(旧姓大向)選手が出場し、 高橋弘篤選手が22位、小口貴子(旧姓大向)選手が21位でした。

詳しい結果は、男子女子をご覧ください。

第3戦
氏名所属記録順位
高橋 弘篤 54.02 22位

氏名所属記録順位
小口 貴子 丸善食品工業株式会社 55.45 21位


2017.11.18 ワールドカップ第2戦

小口 貴子 高橋 弘篤 2002年のソルトレイクオリンピックの開催地であったアメリカのパークシティにてワールドカップ第2戦が開催されました。 NBLSF所属の男子高橋弘篤選手と女子の小口貴子(旧姓大向)選手が出場し、 高橋弘篤選手が22位、小口貴子(旧姓大向)選手が24位でした。

詳しい結果は、男子女子をご覧ください。

第2戦
氏名所属記録順位
高橋 弘篤 49.90 22位

氏名所属記録順位
小口 貴子 丸善食品工業株式会社 51.58 24位


2017.11.15 ノースアメリカンカップ第4戦

若林 唯 第3戦に続きカナダのカルガリーにてノースアメリカンカップ第4戦が行われました。 NBLSF所属の若林唯選手が参戦し、12位でした。

詳しい結果は、女子第4戦をご覧ください。

女子第4戦
氏名所属記録順位
若林 唯 日本体育大学 2:04.62 12位


2017.11.15 ノースアメリカンカップ第3戦

若林 唯 カナダのカルガリーにてノースアメリカンカップ第3戦が行われました。 NBLSF所属の若林唯選手が参戦し、12位でした。

女子第3戦
氏名所属記録順位
若林 唯 日本体育大学 12位


2017.11.15 インターコンチネンタルカップ第4戦

笹原 友希 第3戦に続いて、カナダのカルガリーにてインターコンチネンタルカップ第4戦が行われました。 NBLSF所属の笹原友希選手が参戦し、17位でした。

詳しい結果は、男子第4戦をご覧ください。

男子第4戦
氏名所属記録順位
笹原 友希 株式会社アジマックス 1:54.39 17位


2017.11.15 インターコンチネンタルカップ第3戦

笹原 友希 カナダのカルガリーにてインターコンチネンタルカップ第3戦が行われました。 NBLSF所属の笹原友希選手が参戦し、19位でした。

詳しい結果は、男子第3戦をご覧ください。

男子第3戦
氏名所属記録順位
笹原 友希 株式会社アジマックス 1:54.99 19位


2017.11.10-11 ワールドカップ第1戦

小口 貴子 高橋 弘篤 2017-2018シーズンワールドカップの初戦となる第1戦がアメリカのレイクプラシッドにて開催されました。 NBLSF所属の男子高橋弘篤選手と女子の小口貴子(旧姓大向)選手が出場し、 高橋弘篤選手が21位、小口貴子(旧姓大向)選手が20位でした。

詳しい結果は、男子女子をご覧ください。

第1戦
氏名所属記録順位
高橋 弘篤 54.95 21位

氏名所属記録順位
小口 貴子 丸善食品工業株式会社 1:52.31 20位


2017.11.06 ノースアメリカンカップ第2戦

第1戦に続きカナダのウィスラーにてノースアメリカンカップ第2戦が行われました。 NBLSF所属の若林唯選手が参戦し、第2戦は11位でした。

詳しい結果は、女子第2戦をご覧ください。

女子第2戦
氏名所属記録順位
若林 唯 日本体育大学 1:57.39 11位


2017.11.06 インターコンチネンタルカップ第2戦

笹原 友希 第1戦に続きカナダのウィスラーにてインターコンチネンタルカップ第2戦が行われました。 NBLSF所属の笹原友希選手が参戦し、第2戦は17位でした。

詳しい結果は、男子第2戦をご覧ください。

男子第2戦
氏名所属記録順位
笹原 友希 株式会社アジマックス 1:48.19 17位


2017.11.05 ノースアメリカンカップ第1戦

2010年のバンクーバーオリンピックの開催地であるカナダのウィスラーにてノースアメリカンカップ第1戦が行われました。 NBLSF所属の若林唯選手が参戦し、第1戦は13位でした。

詳しい結果は、女子第1戦をご覧ください。

女子第1戦
氏名所属記録順位
若林 唯 日本体育大学 1:58.89 13位


2017.11.05 インターコンチネンタルカップ第1戦

笹原 友希 2010年のバンクーバーオリンピックの開催地であるカナダのウィスラーにてインターコンチネンタルカップ第1戦が行われました。 NBLSF所属の笹原友希選手が参戦し、第1戦は14位でした。

詳しい結果は、男子第1戦をご覧ください。

男子第1戦
氏名所属記録順位
笹原 友希 株式会社アジマックス 1:48.26 14位


2017.08.05 2017全日本プッシュスケルトン選手権

長野県長野市にある長野市ボブスレー・リュージュパーク「スパイラル」にて、2017全日本プッシュスケルトン選手権が開催されました。 NBLSF所属選手が多数参加し、男子では髙橋弘篤選手が6年連続8度目の優勝を果たしました。 女子では、小口貴子(旧姓大向)選手が3位でした。

詳しい結果は、こちら

 全日本プッシュスケルトン選手権  全日本プッシュスケルトン選手権
 全日本プッシュスケルトン選手権  全日本プッシュスケルトン選手権


氏名所属記録順位
髙橋 弘篤 株式会社システックス 10.60 優勝
笹原 友希 株式会社アジマックス 11.37 9位

氏名所属記録順位
小口 貴子 丸善食品工業株式会社 11.73 3位
若林 唯 日本体育大学3年 12.04 5位
池田 美貴 富山大学人間発達科学部附属小学校 12.42 7位
本間 南 株式会社ポピンズ 12.52 8位
大井 まどか 長野商業高等学校3年 13.54 12位
大井 遥 上武大学1年 14.72 14位


2017.03.17 ワールドカップ第8戦

高橋 弘篤 2018年に開催予定の平昌オリンピックの開催地である韓国の平昌にてワールドカップ第8戦が開催されました。 NBLSF所属の男子高橋弘篤選手が出場し、27位でした。

詳しい結果は、男子をご覧ください。

第8戦
氏名所属記録順位
高橋 弘篤 株式会社システックス 52.49 27位



2017.03.02 ワールドカップ第7戦

高橋 弘篤 オーストリアのイーグルスにてワールドカップ第7戦が開催されました。 NBLSF所属の男子高橋弘篤選手が出場し、26位でした。

詳しい結果は、男子をご覧ください。

第7戦
氏名所属記録順位
高橋 弘篤 株式会社システックス 53.96 26位



2017.02.26 世界選手権

小口 貴子 高橋 弘篤 ロシアのソチで開催予定であった世界選手権が会場変更となり、ドイツのケニックゼーにて開催されました。 男子は、NBLSF所属の高橋弘篤選手が出場し31位、 女子は、NBLSF所属の小口貴子(旧姓大向)選手が出場し21位でした。

詳しい結果は、男子女子をご覧ください。

氏名所属記録順位
高橋 弘篤 株式会社システックス 2:38.82 31位

氏名所属記録順位
小口 貴子 丸善食品工業株式会社 1:46.94 21位


2017.01.28 ワールドカップ第6戦

高橋 弘篤 ドイツのケニックゼーにてワールドカップ第6戦が開催されました。 NBLSF所属の男子高橋弘篤選手が出場し、今シーズン最高位となる14位でした。

詳しい結果は、男子をご覧ください。

第6戦
氏名所属記録順位
高橋 弘篤 株式会社システックス 1:42.43 14位



2017.01.28 長野県選手権

長野県長野市にある長野市ボブスレー・リュージュパーク「スパイラル」にて、第18回長野県選手権が開催されました。 男子では松原達郎選手が2年ぶり3回目の優勝を果たし、女子では、中山 英子選手が2年連続3度目の優勝を果たしました。

詳しい結果は、こちら

 長野県選手権  長野県選手権


男子
氏名所属記録順位
松原 達郎 株式会社ゼンケン 1:49.63 優勝
小林 大祐 1:49.67 2位
番場 裕之 松田・南信株式会社 1:49.79 3位
羽入田 譲 松田・南信株式会社 1:50.54 4位
木下 良弘 株式会社山崎工業所 1:52.28 5位

女子
氏名所属記録順位
中山 英子 ㈲日新堂製菓 1:51.85 優勝
髙山 樹里 株式会社豊田自動織機 1:53.70 2位
大井 まどか 長野県長野商業高等学校2年 1:54.18 3位
池田 美貴 富山大学人間発達科学部附属小学校 1:54.32 4位
大井 遥 文化学園長野高等学校3年 1:55.71 5位
若林 唯 1:58.45 6位


2017.01.27 インターコンチネンタルカップ第8戦

小口 貴子 笹原 友希 アメリカのレイクプラシッドにてインターコンチネンタルカップの最終戦となる第8戦が行われ、 NBLSF所属の笹原友希選手が9位、小口貴子(旧姓大向)選手が7位でした。

詳しい結果は、男子女子をご覧ください。

第8戦
氏名所属記録順位
笹原 友希 株式会社アジマックス 1:51.28/td> 9位

氏名所属記録順位
小口 貴子 丸善食品工業株式会社 1:55.57 7位


2017.01.26 インターコンチネンタルカップ第7戦

小口 貴子 笹原 友希 アメリカのレイクプラシッドにてインターコンチネンタルカップ第7戦が行われ、 NBLSF所属の2名とも前戦よりも順位を大きく上げて、笹原友希選手が10位、小口貴子(旧姓大向)選手が4位入賞でした。

詳しい結果は、男子女子をご覧ください。

第7戦
氏名所属記録順位
笹原 友希 株式会社アジマックス 1:50.54/td> 10位

氏名所属記録順位
小口 貴子 丸善食品工業株式会社 1:52.86 4位


2017.01.24 JOCジュニアオリンピックカップ

長野県長野市にある長野市ボブスレー・リュージュパーク「スパイラル」にて第24回JOCジュニアオリンピックカップが開催されました。 NBLSF所属の女子選手、大井まどか選手が3位になりました。

詳しい結果はこちら

女子
氏名所属記録順位
大井 まどか 長野商業高等学校2年 57.60 3位
大井 遥 文化学園長野高等学校3年 58.46 4位
若林 唯 59.12 5位


2017.01.21 ノースアメリカカップ第8戦

アメリカのレイクプラシッドにてノースアメリカカップ第8戦が開催されました。 NBLSF所属の松原達郎選手が出場し、第7戦と同じ30位でした。

詳しい結果は、男子をご覧ください。

第8戦
氏名所属記録順位
松原 達郎 株式会社ゼンケン 57.33 30位



2017.01.20 ワールドカップ第5戦

高橋 弘篤 スイスのサンモリッツにてワールドカップ第5戦が開催されました。 NBLSF所属の男子高橋弘篤選手が出場し、19位でした。

詳しい結果は、男子をご覧ください。

第5戦
氏名所属記録順位
高橋 弘篤 株式会社システックス 2:18.20 19位



2017.01.20 ノースアメリカカップ第7戦

アメリカのレイクプラシッドにてノースアメリカカップ第7戦が開催されました。 NBLSF所属の松原達郎選手が出場し、30位でした。

詳しい結果は、男子をご覧ください。

第7戦
氏名所属記録順位
松原 達郎 株式会社ゼンケン 58.04 30位



2017.01.15 ワールドカップ第4戦

高橋 弘篤 ドイツ・ウインターベルグにてワールドカップ第4戦が開催されました。 NBLSF所属の男子高橋弘篤選手が出場し、26位でした。

詳しい結果は、男子をご覧ください。

第4戦
氏名所属記録順位
高橋 弘篤 株式会社システックス 57.74 26位



2017.01.14 インターコンチネンタルカップ第6戦

小口 貴子 笹原 友希 カナダのカルガリーにてインターコンチネンタルカップ第6戦が行われ、 NBLSF所属の2名とも前戦よりも順位を落として、笹原友希選手が17位、小口貴子(旧姓大向)選手が8位でした。

詳しい結果は、男子女子をご覧ください。

第6戦
氏名所属記録順位
笹原 友希 株式会社アジマックス 1:54.90/td> 17位

氏名所属記録順位
小口 貴子 丸善食品工業株式会社 1:57.83 8位


2017.01.13 インターコンチネンタルカップ第5戦

小口 貴子 笹原 友希 カナダのカルガリーにてインターコンチネンタルカップ第5戦が行われ、 NBLSF所属の男子、笹原友希選手が14位になり、女子の小口貴子(旧姓大向)選手が6位入賞を果たしました。

詳しい結果は、男子女子をご覧ください。

第5戦
氏名所属記録順位
笹原 友希 株式会社アジマックス 1:54.95/td> 14位

氏名所属記録順位
小口 貴子 丸善食品工業株式会社 1:58.31 6位


2017.01.08 ノースアメリカカップ第6戦

2002年にソルトレイクオリンピックが開催されたアメリカ・パークシティにてノースアメリカカップ第6戦が開催されました。 NBLSF所属の松原達郎選手が初出場し、21位でした。

詳しい結果は、男子をご覧ください。

第6戦
氏名所属記録順位
松原 達郎 株式会社ゼンケン 53.49 21位



2017.01.07 ノースアメリカカップ第5戦

2002年にソルトレイクオリンピックが開催されたアメリカ・パークシティにてノースアメリカカップ第5戦が開催されました。 NBLSF所属の松原達郎選手が初出場し、20位でした。

詳しい結果は、男子をご覧ください。

第5戦
氏名所属記録順位
松原 達郎 株式会社ゼンケン 51.67 20位



2017.01.07 ワールドカップ第3戦>

高橋 弘篤 ドイツ・アルテンベルグにて2017年の初戦となるワールドカップ第3戦が開催されました。 NBLSF所属の男子高橋弘篤選手が出場し、18位でした。

詳しい結果は、男子をご覧ください。

第3戦
氏名所属記録順位
高橋 弘篤 株式会社システックス 1:55.64 18位



2016.12.25 2016全日本選手権

長野県長野市にある長野市ボブスレー・リュージュパーク「スパイラル」にて、2016全日本選手権が開催されました。 NBLSF所属選手が多数参加し、男子では髙橋弘篤選手が2位、笹原友希選手が3位になりました。 女子では、小口貴子(旧姓大向)選手が2位になるとともに、中山英子選手が3位になりました。

詳しい結果は、こちら

 全日本選手権  全日本選手権


氏名所属記録順位
髙橋 弘篤 株式会社システックス 1:48.36 2位
笹原 友希 株式会社アジマックス 1:49.04 3位
松原 達郎 株式会社ゼンケン 1:50.69 6位
番場 裕之 松田・南信株式会社 1:51.24 7位
羽入田 譲 松田・南信株式会社 1:52.30 11位
木下 良弘 株式会社山崎工業所 1:52.60 12位
山内 俊二郎 エプソンアヴァシス株式会社 1:56.52 20位

氏名所属記録順位
小口 貴子 丸善食品工業株式会社 1:52.65 2位
中山 英子 ㈲日新堂製菓 1:54.58 3位
髙山 樹里 株式会社豊田自動織機 1:54.62 4位
大井 まどか 長野商業高等学校2年 1:57.30 9位
池田 美貴 富山大学人間発達科学部附属小学校 1:57.53 10位
大井 遥 文化学園長野高等学校3年 1:57.75 11位
若林 唯 1:59.67 12位


2016.12.17 ワールドカップ第2戦

小口 貴子 高橋 弘篤 アメリカ・レイクプラシッドにてワールドカップ第2戦が開催されました。 NBLSF所属の男子高橋弘篤選手と女子の小口貴子(旧姓大向)選手が出場し、 高橋弘篤選手が18位、小口貴子(旧姓大向)選手が19位でした。

詳しい結果は、男子女子をご覧ください。

第2戦
氏名所属記録順位
高橋 弘篤 株式会社システックス 1:49.27 18位

氏名所属記録順位
小口 貴子 丸善食品工業株式会社 1:52.59 19位


2016.12.04 ワールドカップ第1戦

小口 貴子 高橋 弘篤 2010年にバンクーバーオリンピックの行われたカナダ・ウィスラーにて2016-2017シーズンワールドカップの初戦となる第1戦が開催されました。 NBLSF所属の男子高橋弘篤選手と女子の小口貴子(旧姓大向)選手が出場し、 高橋弘篤選手が18位、小口貴子(旧姓大向)選手が15位でした。

詳しい結果は、男子女子をご覧ください。

第1戦
氏名所属記録順位
高橋 弘篤 株式会社システックス 1:48.38 18位

氏名所属記録順位
小口 貴子 丸善食品工業株式会社 1:51.41 15位


2016.11.18 インターコンチネンタルカップ第4戦

笹原 友希 ドイツのケニックゼーにてインターコンチネンタルカップ第4戦が行われ、 NBLSF所属の笹原友希選手が8位入賞を果たしました。

詳しい結果は、男子第4戦をご覧ください。

第4戦
氏名所属記録順位
笹原 友希 株式会社アジマックス 1:43.90/td> 8位


2016.11.17 インターコンチネンタルカップ第3戦

笹原 友希 ドイツのケニックゼーにてインターコンチネンタルカップ第3戦が行われ、 NBLSF所属の笹原友希選手は、9位でした。

詳しい結果は、男子第3戦をご覧ください。

第3戦
氏名所属記録順位
笹原 友希 株式会社アジマックス 1:46.57/td> 9位


2016.11.11 インターコンチネンタルカップ第2戦

笹原 友希 オーストリアのイーグルスにてインターコンチネンタルカップ第2戦が行われ、 NBLSF所属の笹原友希選手は、第1戦から順位を上げて18位でした。

詳しい結果は、男子第2戦をご覧ください。

第2戦
氏名所属記録順位
笹原 友希 株式会社アジマックス 1:48.64 18位


2016.11.10 インターコンチネンタルカップ第1戦

笹原 友希 オーストリアのイーグルスにてインターコンチネンタルカップ第1戦が行われました。 NBLSF所属の笹原友希選手が参戦し、第1戦は21位でした。

詳しい結果は、男子第1戦をご覧ください。

第1戦
氏名所属記録順位
笹原 友希 株式会社アジマックス 54.34 21位


2016.08.09 2016全日本プッシュ選手権

長野県長野市にある長野市ボブスレー・リュージュパーク「スパイラル」にて、2016全日本プッシュスケルトン選手権が開催されました。 NBLSF所属選手が多数参加し、男子では髙橋弘篤選手が5年連続7度目の優勝を果たしました。女子では、小口貴子(旧姓大向)選手が優勝し、4連覇を果たしました。

詳しい結果は、こちら

 全日本プッシュスケルトン選手権  全日本プッシュスケルトン選手権
 全日本プッシュスケルトン選手権  全日本プッシュスケルトン選手権


氏名所属記録順位
髙橋 弘篤 株式会社システックス 10.67 優勝
黒岩 龍貴 不二越機械工業㈱ 12.05 12位
松原 達郎 株式会社ゼンケン 12.07 13位
木下 良弘 ㈱山崎工業所 12.36 15位
古野 空児 塩尻市立塩尻中学校3年 12.88 16位
金澤 洋一 くまざわ整形外科クリニック 13.41 17位
笹原 友希 株式会社アジマックス DNS DNS

氏名所属記録順位
小口 貴子 丸善食品工業株式会社 11.74 優勝
中山 英子 ㈲日新堂製菓 12.06 6位
池田 美貴 富山大学人間発達科学部附属小学校 12.20 7位
若林 唯 12.30 8位
大井 まどか 長野商業高等学校2年 12.93 9位
大井 遥 文化学園長野高等学校3年 14.02 11位
髙山 樹里 ㈱豊田自動織機 14.17 13位




ページのトップへ戻る