スケルトン

競技道具 そり

スケルトンのソリは、大きく分けて競技者の乗るシャーシーと滑走部のランナーとの二つに分けられます。 ランナーと呼ばれる滑走部はソリの左右に付いており、長さ約1m、太さ約16㎜の鋼鉄製の丸棒で作られております。

 そり  そり


競技道具 ウェア

空気抵抗をなるべく減らすために、特殊な生地を用いた全身スーツを使用します。 スケルトンの滑走姿勢はうつ伏せなので、着用のためのチャックは前面にあります。

ウェア

競技道具 ヘルメット

スケルトンのヘルメットは、アルペンスキーの選手が使うような軽量のヘルメットです。 うつぶせの姿勢で滑走する際にあごを氷にこすることがあるため、あごを保護するチンガードを必ずつけます。 また、空気抵抗を減らすためにゴーグルではなく専用のバイザーを使います。

ヘルメット

競技道具 靴

スタート時に氷上を走るため、スパイクを使用します。陸上のスパイクを使用することもありますが、 一般には専用のスパイクを使用します。陸上のものとは異なり、裏に無数の針がついています。

 靴  靴

ページのトップへ戻る