リュージュ

競技道具 そり

リュージュのそりは、一人乗り(左写真の左)と二人乗り(左写真の右)があります。 どちらもルールで膝から肩までと大きさが定められているので、選手の体格に合わせて作成をします。 そりの重さは一人乗りが約23kg、二人乗りが27kgとなっています。 そりの背面にはシーネ(ランナー)と呼ばれる金属の刃がついていて、コースの形状や氷の硬さに合わせて 刃の角度を調節します。

 そり  そり


競技道具 ウェア

空気抵抗をなるべく減らすために、空気を通さない特殊な生地を用いた全身スーツを使用します。 リュージュの滑走姿勢は仰向けなので、着用のためのチャックは背面にあります。

ウェア


競技道具 ヘルメット

国際リュージュ連盟より支給される専用のヘルメットになります。 空気抵抗を減らすとともに、安全に滑走するための専用バイザーを使用します。

 ヘルメット  ヘルメット


競技道具 手袋

スタート時に、手で氷をかいて加速する(パドリング)ため、 手袋の先端に鉄製のスパイクをつけます。このスパイクの長さは、最大で5mmと決められています。

 手袋  手袋


競技道具 靴

空気抵抗を減らすために足先を伸ばして滑走するため、足先を伸ばした形の専用の靴を使用します。 練習用のもの(黒)は靴底が滑らないようになっていますが、大会用のもの(白)は靴底も滑らかになっています。

 靴  靴


ページのトップへ戻る