ボブスレー

ボブスレー審判員について

長野県にはそり競技でアジア唯一の人工凍結コース(長野市ボブスレー・リュージュパーク)があり、 日本一を決める全日本選手権をはじめ、様々な国内大会が開催されます。 また、世界選手権やワールドカップなどの国際大会が開催されることもあります。 それらの大会の中で運営に関わり、スムーズに大会が行われるようにするのがボブスレー審判員の役割です。 選手たちの熱気を身近で感じながら、一緒に大会運営を行いませんか。


審判員資格取得の流れ

審判員のための講習会受講(受講料3,000円)
ボブスレー・スケルトン競技規則・競技運営研修を1日かけて行います



審判員試験
国内審判資格試験(筆記50分)を行います



審判員登録(登録料2,000円)
連盟より長野県で開催される大会運営のご案内を送らせていただきます



審判員講習会

平成28年度の審判員講習会は、以下の通りです。
・期日 平成28年11月19日(土)
・時間 8:30受付 / 8:45開始 / 16:30終了予定
・場所 長野県ボブスレー・リュージュ・スケルトン連盟事務局
 (長野県長野市県町524番地 北野建設㈱内別館3階)
・持ち物 筆記用具 / 昼食 / 写真2枚(3×2.5cm) / 印鑑
・費用 5,000円(受験料3,000円 / 交付料2,000円)

審判員資格取得講習会開催概




ページのトップへ戻る