ボブスレー

競技道具 そり

そりはグラスファイバーと鋼鉄で出来ています。選手とそりの合計重量がルールで定められている(2人乗り390kg・4人乗り630kg)ため、 選手の体重が軽い場合は、そりに重りを積んで調整します。

ボブスレー

競技道具 ヘルメット

安全に滑走するために、フルフェイスのヘルメットを使用します。 特に、パイロットは前方を見ながらそりを操作するため、シールド付のもの(写真右)を使用します。

ボブスレー

競技道具 スパイク

スタート時に氷上を走るため、スパイクを使用します。陸上のスパイクを使用することもありますが、 一般には専用のスパイクを使用します。陸上のものとは異なり、裏に無数の針がついています。

 ボブスレー  ボブスレー

ページのトップへ戻る